『キング・アーサー』(2017)

キング・アーサー_1
監督 :ガイ・リッチー
脚本 :ガイ・リッチー
    ジョビー・ハロルド
製作 :ガイ・リッチー
    アキヴァ・ゴールズマン
    ジョビー・ハロルド
    トーリー・タネル
    スティーヴ・クラーク=ホール
    ライオネル・ウィグラム
出演者:チャーリー・ハナム
    ジュード・ロウ
    アストリッド・ベルジュ=フリスベ
    ジャイモン・フンスー
    エイダン・ギレン
制作国:アメリカ/イギリス/オーストラリア
公開日:本国 2017年5月12日
    日本 2017年6月17日
原題 :King Arthur: Legend of the Sword

あらすじ
王の子でありながら路地裏のスラムで育った貧しい青年アーサーが、伝説の聖剣エクスカリバーを手にし、救世主として語り継がれる存在へと成長していく。(映画.comより


観客を選ぶ、ガイ・リッチーの“俺流”
キング・アーサー_2
「アーサー王伝説」を題材にした映像作品は数多い。有名な所を挙げるならディズニーの『王様の剣』や、ジョン・ブアマン監督の『エクスカリバー』、パロディではあるが『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』など、様々な解釈の作品が多く存在する。さて、ブロマンス映画の王ガイ・リッチーはどんな味付けで「アーサー王伝説」を料理したのか?

まずは「ブロマンス」的な要素を見て行こう。上下のない平等な立場を示す円卓の騎士の面々は、改めてブロマンス的なテーマにピッタリと言える。しかし例の如く、ガイ・リッチーが描く仲間内の雰囲気はあまりにも距離が近い。主人公アーサーを中心にスラム街で育ったチンピラ仲間の姿は、ファンタジー映画と言うより「不良映画」と言う方がシックリ来る。

この辺りはロンドンの裏街道を描いて来たガイ・リッチーが、自分の作家性を巧くトレースしていると感じる。手にする聖剣エクスカリバーも、まるでヤンキーが持つ金属バットと扱いは変わらない。なんとも“俺流”的な描き方が、要所要所で伝わってくる。

しかし、そんな作家性が観客を選んでしまったのである。単純なアクション大作としての期待から、本作の良さは完全に反れてしまっているのである。結果、製作費1億7500万ドルも投じた本作は歴史に残る興行的な大失敗を招く事に…。


<以下ネタバレあり>
「聖剣無双」6部作
キング・アーサー_3
当初本作は全6部作のシリーズとして計画が進んでいた。主演のチャーリー・ハナムを顔とした新たな「指輪物語」、または「ハリー・ポッター」シリーズの様な、ファンタジー大作シリーズを狙って企画が進んでいたとの事。しかし、万人受けさせるにはかなり不親切だと感じてしまう。

売りとなる筈だったバトルシーンが少なく、所謂「聖剣無双」な場面は最初と最後でしか描かれない。ガイ・リッチー的な映像表現が巧く合わさり見応えがあった為、より残念な配分となっていた。(その分増えた男同士の会話も大好きだが…)

女性の存在感の薄さも不適切な要因である。 一番前に出ているアストリッド・ベルジュ=フリスベ演じる女魔術師でさえ、距離が近い絆で結ばれた円卓の騎士達に割り込めていない程。それ以外の女性キャラに至っては、全く記憶に残らない。

これまではプラスに働いてきた作家性であったが、ここ来てマイナス面が浮き彫りとなってしまった。しかし我らがガイ・リッチーは成長する。次作の『アラジン』ではこの教訓を活かすのだ。

プロフィール

レオナ

私達は会ったことがありますね…
去年、ドライランドかサンダーロード…
あるいはここ、バーストシティで……。

月別アーカイブ

ユーザータグ

ワイルド・スピードシリーズ クエンティン・タランティーノ ガイ・リッチー ヴィン・ディーゼル 新海誠 ポール・ウォーカー ジョーダナ・ブリュースター ドウェイン・ジョンソン ミシェル・ロドリゲス ジェイソン・ステイサム タイリース・ギブソン リュダクリス ジャスティン・リン ブラッド・ピット サン・カン サミュエル・L・ジャクソン ジュード・ロウ ユマ・サーマン カート・ラッセル トイ・ストーリーシリーズ ピクサー マーク・ストロング レオナルド・ディカプリオ トム・ハンクス マシュー・ヴォーン ブルース・ダーン ハーヴェイ・カイテル イドリス・エルバ マイケル・マドセン 入野自由 ロバート・ダウニー・Jr ケリー・ライリー デビッド・キャラダイン ガル・ガドット ジョン・ラセター クリストフ・ヴァルツ ウォーレン・オーツ アーネスト・ボーグナイン トム・ハンクスピクサー ベン・ジョンソン ロバート・ライアン アンドリュー・スタントン マイケル・アーント 井上和彦 花澤香菜 神木隆之介 上白石萌音 金元寿子 ウィリアム・ホールデン 醍醐虎汰朗 リー・アンクリッチ 長澤まさみ ジョス・ウィードン ジャレッド・レト ならはしみき 矢島晶子 原恵一 藤原啓治 田村ゆかり 山田辰夫 石井聰亙 丹波哲郎 シガーニー・ウィーバー ダン・エイクロイド ソン・フレミング ジェイ マシュー・ボーン ビニー・ジョーンズ アイヴァン・ライトマン ハロルド・ライミス アーニー・ハドソン ビル・マーレイ 小林稔侍 泉谷しげる 岡本喜八 森七菜 ヘレナ・ボナム=カーター 田中友幸 加山雄三 フランキー堺 中丸忠雄 佐藤允 エドワード・ノートン デヴィッド・フィンチャー 天知茂 勝新太郎 三隅研次 犬塚稔 子母沢寛 ブルース・ウィリス ジョン・トラボルタ サム・ペキンパー マット・シュルツ ヴィンセント・パストーレ レイ・リオッタ リュック・ベッソン アンドレ・ベンジャミン ジェラルド・バトラー トム・ハーディ トム・ウィルキンソン エリザベス・バンクス ヨルゴ・ヴォヤギス ベニチオ・デル・トロ スティーヴン・グレアム デイモン・ヘリマン ヴィニー・ジョーンズ マドンナ ブルース・グリーンウッド アドリアーノ・ジャンニーニ ジョエル・シルバー レイチェル・マクアダムス エイダン・ギレン ジャイモン・フンスー アストリッド・ベルジュ=フリスベ メナ・マスード ナオミ・スコット マーワン・ケンザリ ナシム・ペドラド チャーリー・ハナム ヒュー・グラント ジャレッド・ハリス ノオミ・ラパス ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー エリザベス・デビッキ アリシア・ヴィキャンデル マーゴット・ロビー ウォルトン・ゴギンズ ヘレン・ミレン ヴァネッサ・カービー デヴィッド・リーチ ティム・ロス スティーヴ・ブシェミ ロバート・フォスター パム・グリア スコット・イーストウッド F・ゲイリー・グレイ ロブ・コーエン ジョン・シングルトン デヴィッド・エアー ウィル・スミス ナタリー・エマニュエル ジェームズ・ワン ロバート・デ・ニーロ ブリジット・フォンダ イーライ・ロス メラニー・ロラン メアリー・エリザベス・ウィンステッド マイケル・ファスベンダー ジェイミー・フォックス ジェニファー・ジェイソン・リー フランコ・ネロ トレイシー・トムズ ゾーイ・ベル 栗山千明 ルーシー・リュー 千葉真一 ゴードン・ラウ ロザリオ・ドーソン ダリル・ハンナ 本田翼